イオンモバイル公式サイトはこちらです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

業界最安級の格安スマホ「イオンモバイル」

イオンモバイルSIM タイプ1とタイプ2の違い

イオンモバイルのデータSIMには、いま「タイプ1」「タイプ2」があります。

主な機能の違い タイプ1 タイプ2
プラン データ/SMS付き/音声 データ/SMS付き
価格 本体価格:3,240円(税込) 本体価格:3,240円(税込)
SIMサイズ 標準/マイクロ/ナノ 標準/マイクロ/ナノ
初月データ通信容量 日割りあり 日割りなし
低速時(200kbps)通信制限 3日間366MB なし
高速容量追加購入 1GB480円、回数上限なし 1GB480円、月6回まで
システムバックボーン IIJ OCN(NTTコミュニケーションズ)

タイプ2は音声通話SIMがないので、格安スマホとして使う場合には、タイプ1を選ぶのが一般的だと思います。

「通話はIP電話アプリのみでOK」とか、「ミニネット端末として使うのみなので、通話はなしでOK」といった場合にタイプ2が選択肢として入ってきます。

その場合、タイプ1とタイプ2のどちらがいいのか?

これは難しい問題です・・・

タイプ1だと、低速通信(200kbps)で3日間366MBを超えると、さらに制限がかかって速度が落ちるので、それがイヤだと感じるならタイプ2選択がいいでしょう。
(「低速通信モードでガンガン使う」とか「高速通信容量を使い切ってしまうことが多い。で、使い切っても買い増しはせず、我慢して月末まで使う派だ」といった人ですね)

通信品質は、トラフィックが混雑しがちなお昼過ぎのスピード計測結果で、2017年2月だと、タイプ2のほうがいいみたいです。

ただし、これもユーザーが一気に増えたりすると逆転するかもしれないですし、地域によっても違いがありそうだと思います。

迷う場合、IIJとOCN(NTTコミュニケーションズ)のブランド感(どちらが信頼できそうか、どちらが好きか)で決めるのもありかと。

ちなみに、タイプ1⇔タイプ2の変更はできません。
変更ではなく、解約&新規契約となります。

タイトルとURLをコピーしました